薬剤師市場

薬剤師は求人において売り手市場


現在は随分と景気も回復してきました。そのためか、求人数も増えてきて、職業安定所や求人情報誌にもたくさんの求人が出るようになりました。特に求人が多いのが、薬剤師や看護師などの医療職です。

薬剤師市場分析
中でも薬剤師は2006年に六年制が導入されたため、薬剤師を希望する学生が減少してしまい、今では売り手市場になっています。


就職が決まるとお祝い金がもらえたり、大学を卒業するまで奨学金を援助する病院などもあり、資格を取得すると就職には困らないようです。


近頃では、女性で薬剤師を目指す人も増えており、結婚しても続けることが出来ることや、時給も高く、主婦のパートとしても充分な収入を得ることが出来るためでもあります。


私立の薬科大学では六年間で約2千万ほどかかるところもありますが、国立では約3百万ほどで済みますので、受験者数も多いようです。また、一度社会に出てから、薬剤師を目指す人も増えており、国立大学はかなり狭き門となっています。


しかし、薬剤師の仕事は薬の調剤や販売、患者や客の薬の相談にのったりする人と人とのコミュニケーションが大事なものですので、人が好きなら天職とも言えます。もし、興味があるなら、資格取得のためにチャレンジするのも良いかも知れません。


薬剤師は求人による転職で昇給する


薬剤師という仕事に魅力を感じる人も多いことでしょう。しかし、この仕事に就くためには、大学で薬学を勉強し、さらには国家資格を取得しなければいけないのです。ですから、思い立ってすぐに薬剤師になれるというわけではないのです。

若いときから薬剤師をしていると、収入もよく、安定した暮らしを送ることができるでしょう。昇給は少しずつですが、年収でも600万円くらいにはなります。そのあとに収入を上げるには、管理薬剤師になるなど、キャリアップしていくといいでしょう。

現在は、インターネットのサイトでも薬剤師などの専門職の転職求人もあり、サイトに登録しておくと、エージェントから連絡がきたりします。引き抜きの話では、通常、前職の給料よりも多少なりとも高い額が提示されます。転職というのは心身ともに大変なものですが、そういったことを承知の上、さらにステップアップしていくということも可能なのです。

専門職ならではの転職の仕方があるのです。自分で求人を見て探すよりも、本人の条件に合ったさらによい職場を提示されたら、静養面接などに行ってみてもいいでしょう。基本的には、資格があればこなせるような仕事内容であり、経験があればなおいいのです。


薬剤師の仕事の経験を積んでキャリアアップ


薬剤師という資格は国家資格ですので価値ある資格です。その資格を生かして仕事をすることはとても充実しています。時給に換算しても、コンビニなどとは比べ物にならないほど高給です。

このように価値ある薬剤師ですので薬剤の専門家としてビジネス人生を送ることもできますが、その経験をさらに生かしてキャリアアップを考えることも可能です。そうした選択肢を考える人は小さな薬局などではなくドラッグチェーンなどで働くことを考えるべきです。

チェーン店などでの具体的なキャリアを紹介しますと、まず大きく分けて店舗勤務と本社勤務に分かれます。また店舗勤務は処方箋とOTCに分かれます。処方箋は病院などで処方された薬を調合する仕事でOTCとはいわゆる大衆薬を販売する仕事です。実は、薬は効力によって第一類から第三類まであり、第一類は薬剤師しか販売することができません。

本社勤務を具体的に紹介しますと、店舗でのお客様とのコミュニケーション力をトレーニングする仕事など店舗の縁の下のサポートがあります。そのほかにも薬を仕入れるバイヤーや病院との取引を行うMRなどがあります。

このように薬剤師でも単なる薬の販売だけではなく、キャリアを積むことによって研究開発や管理職など将来への展望があります。