医者になるための人としての資格

前に放送していたドラマ「ドクター2最後の名医」の中で、患者が言ったセリフがあります。「医者になるのに、学校の勉強ができる人がなって、医者に向いているかどうかの心の勉強はない」というようなことを言いました。その言葉にうなずいた人は多いと思います。

もちろん、お医者さんの中には、腕も心も良い人が中にはいますが、逆にお医者さんの言葉で傷ついた方もいると思います。私も何度も、お医者さんの言葉に傷つき、帰り道泣いたこともあります。ただでさえ体調が悪くて、精神もナーバスになっているのに、お医者さんの邪魔くさそうな態度や言動に心が折れます。

お医者さんだって神様じゃないし、ボランティアでしているわけではないから、診療時間が押したりすると、早く終わりたいのも分かります。

お医者さんにとっては大人数の患者でも、患者からしたら自分の身体を任せるたった一人のお医者さんなのです。患者の中にはモンスターペイシェントなるものがいて、病院の縦関係も大変でしょうが、自分の家族を診るがごとく接してほしいと思います。

医療は連携がとても大事

私は、以前に大学病院で医療に携わった仕事をしたことがあります。その仕事は、民間の派遣会社が請け負っていた仕事で、直接医療行為にかかわる仕事ではありませんでした。

では何をしていたのかというと、当時まだ電子カルテなどが普及していなかった時代ですので、カルテやレントゲンを運ぶ仕事をしていました。そして、そこで働いたことでわかったのですが、医療というのはとても連携が大事だということです。

私は、確かに直接医療行為には携わっていませんでしたが、それでも医師からカルテやレントゲンを至急診察室へ持っていくよう依頼があったとき、もしもダラダラと運んでいたら、それだけで診察スピードが遅れ、医師や看護師や患者に対してとても迷惑がかかります。それを考えると、私のしていた仕事も微力ながら医療行為の一部として重要だったということで、とても責任ある仕事だったと思います。

ですので、医療というのはそれに携わるすべての人がしっかりと連携できてこそ、はじめて機能するものだと私は思っています。

薬剤師求人 成功する薬剤師転職のノウハウ

薬剤師の自己PRの仕方

調剤薬局の求人に応募して書類審査が通った場合、次に面接を受けることが必要となってきます。その際、上手く自己PRすることで、採用してもらえる確率が高まるのです。では、調剤薬局の求人への自己RPの仕方とは、どのようなものでしょうか。

まず、何故、調剤薬局の薬剤師になりたいと思ったかを、話すようにします。患者さんの身体の健康のことを考えてや、自分自身が病気だった経験上からなど、様々な志望動機があるはずです。その志望動機をしっかりとまとめて、簡潔に述べるようにしましょう。

また、調剤薬局の薬剤師になる適性が自分にはあるということを、しっかりアピールすることが大切です。例えば、患者さんと話す機会が多いので、会話をするコミュニケーション能力には自信があるや、丁寧にわかりやすく説明することが得意ですなど、様々な自分の適性をアピールするようにします。

調剤薬局は患者さんと接することが多いため、コミュニケーション能力が優れていることをアピールした方がよいです。また、そのためには、自己PRする時の口調もゆっくりと、わかりやすく、はっきりとした言葉で話すようにしましょう。口ごもったり、小さな声であったりすると、本当にコミュニケーション能力が高いのかと思われてしまうので、注意が必要です。

薬剤師の求人で迷ったらまず応募してみよう!

薬剤師の求人選びに迷った時には、まず気になった求人に応募してみましょう。求人に応募しないことには、その内容であったり職場の雰囲気について確認することはできません。

求人については、専門サイトでチェックすることができますので、その情報から判断しがちです。ただし、面接を受けて現場を見学してみることにより、サイトの情報から得られなかった細かな情報について確認できるようになってきますし、実際にその雰囲気を肌で感じることにより、働きやすい職場を見つけていけるようになります。

また、専門サイトを通じて職場を見つけた場合、雰囲気に合わなかったり条件面で合わない時には、専門のカウンセラーから断りを入れてもらえるようになりますので、その分精神的な負担も軽くなってくるでしょう。

このように、薬剤師として満足して働ける仕事場を見つけるためには、実際に動いてみることも必要になってくるのです。たとえ条件面で合わなかったとしても、交渉することにより条件面を見直してもらえるようになりますので、充実して働けるようにもなってきます。

薬剤師の求人を見つける時には、まず気になるものに応募をして積極的に面接を受けてみるとよいでしょう。

薬剤師は求人において売り手市場です

現在は随分と景気も回復してきました。そのためか、求人数も増えてきて、職業安定所や求人情報誌にもたくさんの求人が出るようになりました。

特に求人が多いのが、薬剤師や看護師などの医療職です。中でも薬剤師は2006年に六年制が導入されたため、薬剤師を希望する学生が減少してしまい、今では売り手市場になっています。

就職が決まるとお祝い金がもらえたり、大学を卒業するまで奨学金を援助する病院などもあり、資格を取得すると就職には困らないようです。

近頃では、女性で薬剤師を目指す人も増えており、結婚しても続けることが出来ることや、時給も高く、主婦のパートとしても充分な収入を得ることが出来るためでもあります。

私立の薬科大学では六年間で約2千万ほどかかるところもありますが、国立では約3百万ほどで済みますので、受験者数も多いようです。

また、一度社会に出てから、薬剤師を目指す人も増えており、国立大学はかなり狭き門となっています。しかし、薬剤師の仕事は薬の調剤や販売、患者や客の薬の相談にのったりする人と人とのコミュニケーションが大事なものですので、人が好きなら天職とも言えます。

もし、興味があるなら、資格取得のためにチャレンジするのも良いかも知れません。

地方の薬剤師求人について

“地方の薬剤師求人について、東京都心などよりもかえって条件がいい地域もあります。地方では医療職特に看護師や薬剤師といった専門職が不足気味という状況にあります。これに輪をかけているのが医薬分業の流れと、大学での薬学部が4年制から6年制へと変更されたことです。

これによって、4年制の卒業生の受験が終わったあとの数年間は薬剤師の受験者自体が急減したときがあって、そのときについては求人を出しても応募すらいないという状況が特に地方で多くありました。

また、ドラッグストアが地域内での生き残りをかけて、ドラッグストア内に調剤薬局を開設する動きが続いています。こうしたドラッグストアでは開設する数に見合った薬剤師の数の確保が難しく、中には薬剤師を紹介してくれたらそのお礼として報奨金を支払うと言ったところまで出てきています。

東京都心のような都会でないと生活ができないといった人でない限りは、視野を広く持ってある程度の都市であれば求人が多くあるということをよく知った上で、求職活動をすることが望ましいと言えます。こうした地域では都会ではまずないほどの優遇策をとってまでして、薬剤師を求めている地域もありますから、探してみる価値はあります。”

薬剤師のお仕事を探す時に便利な求人サイト

薬剤師は、今では女性に人気のお仕事の一つです。なぜなら、高い専門知識を持って、患者さんに触れることができるやりがいのある仕事であり、さらには安定した収入を得ることができ、結婚や出産、子育てなどで一度現場を離れても、免許を持っているために再就職しやすい仕事だからです。

現場で働くためには、まず求人に応募することになります。最近では、アルバイトやパートであっても同様ですが、インターネットの普及により求人サイトに登録をしておくと、エージェントから仕事の紹介があります。そのような求人サイトを使った場合には、サイトによって採用決定になると、「お祝い金10万円」といった特典が付く場合もありますので、お得です。

また、自分の条件にあったようなところの話がくるので、求人誌やドラッグストアの張り紙などの募集で応募するよりも、良い条件で多くの求人から選べるのでいいでしょう。

薬剤師は現在、人手不足であり、かなり需要があります。将来的には、飽和状態になることも懸念されていますが、現状では安泰です。ですから、今のうちにキャリアを積んて将来に備えるといいでしょう。

このように薬剤師になるには、いろいろなルートがありますが、求人サイトを利用するのをオススメします。

薬剤師の仕事の経験を積んでキャリアアップ

薬剤師という資格は国家資格ですので価値ある資格です。その資格を生かして仕事をすることはとても充実しています。時給に換算しても、コンビニなどとは比べ物にならないほど高給です。

このように価値ある薬剤師ですので薬剤の専門家としてビジネス人生を送ることもできますが、その経験をさらに生かしてキャリアアップを考えることも可能です。そうした選択肢を考える人は小さな薬局などではなくドラッグチェーンなどで働くことを考えるべきです。

チェーン店などでの具体的なキャリアを紹介しますと、まず大きく分けて店舗勤務と本社勤務に分かれます。また店舗勤務は処方箋とOTCに分かれます。処方箋は病院などで処方された薬を調合する仕事でOTCとはいわゆる大衆薬を販売する仕事です。実は、薬は効力によって第一類から第三類まであり、第一類は薬剤師しか販売することができません。

本社勤務を具体的に紹介しますと、店舗でのお客様とのコミュニケーション力をトレーニングする仕事など店舗の縁の下のサポートがあります。そのほかにも薬を仕入れるバイヤーや病院との取引を行うMRなどがあります。

このように薬剤師でも単なる薬の販売だけではなく、キャリアを積むことによって研究開発や管理職など将来への展望があります。

ドラックストアでよく載る薬剤師の求人の募集

薬剤師の求人は常に多く、病院、薬局、ドラッグストアの募集が目に付きます。中でもドラッグストアは年々数が増えており、人手不足のところがかなりあります。

ドラッグストアの求人であるからといっても、給与面に劣っていることはありません。ただし、休日や勤務時間の条件には注意が必要です。また、何度も求人を掲載しているところは、退職率が高い可能性があります。

そうしたことを事前に見抜くことは、自力では無理でしょう。しかし、だからといって働き始めてから不満がでて嫌々働きたくはないものです。できるだけ、そこの職場の環境や細かい条件を事前に知っておきたいものです。そこで頼りになるのが薬剤師専門の転職エージェントです。薬剤師だけを専門にサポートしてくれる転職サイトのことです。

担当のエージェントが、希望を聞いてくれて、理想に近い勤務先を紹介してくれます。その職場の環境に関してもよく知っています。また、面接の段取り、書類作成に関するアドバイスまでも行ってくれます。さらには、自身では言いにくい給与面などの条件交渉もやってくれます。そして、それには費用がいっさいかかりません。ハローワークよりも遥かに頼りになることでしょう。

タイプ別に見た薬剤師の仕事内容について

「引く手数多」といわれることが多い薬剤師ですが、選択する幅が多ければそれだけ選択することに悩みが増えることも事実です。しかも人間はすべてを理性的に行動できる生き物ではありません。ですから職場における仕事も感情的なものまたは感性的な要素が影響するものです。

確かに薬剤師はどこでも同じ業務をします。しかし、職場の規模や形態などで仕事内容は変わってきます。例えば、大手チェーンと家族的な小さな薬局では同じ薬剤師でも仕事内容は同じではありません。

そういうときに重要になるのが自分の仕事観を整理することです。自分という人間がどのタイプ別に属するかを認識することです。タイプというのは、例えば、「将来は独立を目指す」とか「堅実的に働く」とか「小さな子供の育児を優先したい」などといったことです。

つまりはそれぞれの仕事への取り組み方に見合った職場を選択することが最も大切なことになります。そして、今の薬剤師を取り巻く状況はそれを可能にしています。もちろん今の自らの状況と将来とをわけて考えることも必要です。

仮に、現場を離れていた人が急に薬剤師として働くのは少し勇気が要ります。そうしたときは短めの時間から始めて少しずつ慣れていってから本格的に働くようにすることも考えるべきです。大切なことは自分の能力を最大限に発揮できる職場に出会える方法を考えることです。

WordPress Themes